プロフェッショナル・スキルアップ  予防医療・リハビリに携わるプロフェッショナルたちの影の努力の場

relathera.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:予防医療フィットネス勉強会( 10 )


2012年 03月 22日

定期セミナー(機能不全等) Tokyo・Nakameguro 3.19

ひざ痛となる疾患、要因


スポーツ障害、外傷、変形性関節症 など


・変形性ひざ関節症の原因
・なぜひざに水がたまる?
・なぜひざが動かしにくくなる    など

運動療法紹介
[PR]

by relathera | 2012-03-22 01:29 | 予防医療フィットネス勉強会
2011年 09月 20日

スキルアップセミナー Tokyo・Nihonbashi 9.18

腰背部痛に対する運動療法等を用いた対応
(介護予防、スポーツ傷害など)

体幹・脊椎から起因する機能障害
  ①腰痛となる要因
     傷害に至る原因やメカニズム
     身体チェックポイント
     それに絡む傷害など
  ②機能解剖復習
     筋・神経・骨・血管など
  ③対応・対策実技
     レッスンに導入できる運動法の活用
  ④解剖実習から見えてきた最新情報

腰背部痛
•いわゆる腰痛症
   姿勢性、椎間板性、椎間関節性、筋原性、神経原性、
   心因性、関連痛、炎症性疾患による、化学的異常による
•スポーツによる傷害
   腰背筋腱症、腰部椎間板障害、腰椎椎間関節症候群、
   脊椎分離症
•外傷
   腰背部軟部損傷、脊椎骨折
•椎間板ヘルニア
•分離・すべり症
•腰部脊柱管狭窄症
•腫瘍性疾患
•骨粗鬆症


運動療法の導入
•ターゲットポイント
    脊柱、臀部、その他
    筋、結合組織、脂肪、筋腱膜、骨、循環系など
•利用部位
    肩甲帯、骨盤帯、など
•活用方法
   ストレッチ、PNF、スタビライゼーション、など
•キーワード
    中心軸、屈筋、伸筋




掲載広告は当ブログとは無関係です。
[PR]

by relathera | 2011-09-20 22:36 | 予防医療フィットネス勉強会
2011年 04月 30日

さぁ、再起!!

元気になろうニッポン!! 元気にしていこう東京からも!!

震災後、開催中止や見合わせとなっていた勉強会やワークショップは計りしれません。
東京は今夏、節電によりどのような影響がでてくるのか、まだまだ予想もつきません。
施設が使えるのか、クーラーは使えるのか、在京者はどれほどいるのか。
わからないことだらけ。

だからといって、立ちどまっているのでは、いつまでも改善は見込まれません。
少しずつでも前に進もうと思います。
夏を迎える5月&6月に限られた時間ですが、勉強会やワークショップを開催していきます。
この時期に、こういう時だからこそ、しっかりした知識や技術をいっしょに身につけていきましょう。


予防医療フィットネス研究会
スタッフ一同




掲載広告は当ブログとは無関係です。
[PR]

by relathera | 2011-04-30 22:59 | 予防医療フィットネス勉強会
2010年 03月 09日

特別WS、第3弾  in Tokyo  2010.3.7

「脊柱」

コアエクササイズを徹底マスター

キケンを伴うアライメントとは、エクササイズとは
[PR]

by relathera | 2010-03-09 00:56 | 予防医療フィットネス勉強会
2010年 02月 13日

特別ワークショップ第2弾 ( in Tokyo ) 2.11 

固有受容器のメカニズムを理解し、コアのローカルスタビライザーを効率よく活用
[PR]

by relathera | 2010-02-13 20:05 | 予防医療フィットネス勉強会
2010年 02月 10日

2月のワークショップ ( in Tokyo ) 2.7 その3

【 胸郭出口症候群 】

■臨床的概念
「胸郭出口症候群とは、鎖骨下動静脈あるいは腋窩動静脈および腕神経叢がなんらかの原因で圧迫を受けることによって生じる、項部・肩背部・上肢などの痛み・感覚異常・脱力感などの一連の症候群。」
近年の見解
・血管障害が主症状である血管因性のTOSは約5%。
・90%以上は腕神経叢刺激過敏状態を呈する神経因性のTOSである。
・神経血管束への圧迫刺激の他に、けん引刺激に起因する病態も存在する。
→ 「胸郭出口症候群とは主に腕神経叢が胸郭出口おいて圧迫あるいはけん引的刺激要因により神経過敏状態となり、頚部・肩背部・上肢の痛みや感覚異常、脱力などを引き起こした疾患群である。」

More つづきはこちら ⇒ ⇒ ⇒
[PR]

by relathera | 2010-02-10 16:20 | 予防医療フィットネス勉強会
2010年 02月 10日

2月のワークショップ ( in Tokyo ) 2.7 その2

【 頚部脊椎症(頚椎症) 】

■頚椎症とは
頚椎椎間板の退行性変化が基盤となって、その変化が周囲組織(骨組織、靭帯、筋)に影響を及ぼし、周囲組織自体の退行性変化が加わった結果、脊髄、神経根、交感神経を刺激・圧迫して種々の症状を呈してくる。
すなわち、頚椎の加齢的な変化がベースとなって中枢または末梢神経の症状を呈してくる疾患。

More つづきはこちら ⇒ ⇒ ⇒
[PR]

by relathera | 2010-02-10 16:17 | 予防医療フィットネス勉強会
2010年 02月 10日

2月のワークショップ ( in Tokyo ) 2.7 その1

基礎臨床医療   頸部                  
               
機能解剖、バイオメカニクス、おもな疾患、発生メカニズム、 

More さらに →→→
[PR]

by relathera | 2010-02-10 16:15 | 予防医療フィットネス勉強会
2010年 01月 23日

新年特別ワークショップ (東京) 1.22

ニュートラルポジションの簡単確立メカニズム
[PR]

by relathera | 2010-01-23 20:05 | 予防医療フィットネス勉強会
2009年 11月 24日

予防医療フィットネス勉強会 11.23 in Tokyo

【 ノルディック・ウォーキングの有用性・有効性・利点】
  __ 通常ウォーキングと比較して __    
           ( ・・・・通常ウォーキングが悪いというのではなく)

ピラティス等運動療法にノルディックウォーキングの運動機能メカニズムを導入
また「インドアにおいてピラティス等運動療法を、アウトドアにおいてノルディックウォーキングを」
といったバランスのとれた運動プログラムを


実技と理論
   ▼ポールをつくことによってもたらされる身体活動
   ▼協会等提唱の運動効果
   ▼メカニズム
   ▼疾患に対して
   ▼一般利点
f0207236_15443954.jpg

さらに詳しく こちらへ → → →
[PR]

by relathera | 2009-11-24 15:26 | 予防医療フィットネス勉強会