プロフェッショナル・スキルアップ  予防医療・リハビリに携わるプロフェッショナルたちの影の努力の場

relathera.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 15日

夏期特別ワークショップ ( in Tokyo ) 8.13

ピラティスインストラクター向けレクチャー 

《 腰部における疾病傷害 》

【 基礎臨床医療  腰背部 】                             
機能解剖、バイオメカニクス、腰痛発生メカニズム、診断、おもな疾患 



【機能解剖】
▼骨形体
  脊柱管の大きい形態
   脊髄・神経根の大きい形体に応じた
  椎間関節 胸椎 回旋運動  腰椎 前後屈 側屈
▼靭帯
  前縦靭帯 最表層;4~5椎体  中間;2~3  最深;各椎間
     椎体中央部がもっとも厚い
  後縦靭帯 椎体部;幅狭く厚い 椎間板部;幅広く薄い
     深層;厚い 表層   間に毛細血管、動静脈叢
  脊椎側方 下脊椎側方覆っている
  黄色靭帯 上位椎弓前面~下位椎弓後面
     脊柱管内保持
      過度な前屈
  棘間靭帯、棘上靭帯
  腸腰靭帯&腹・背側仙腸靭帯 仙骨上部の荷重時、前方回旋防止
  仙結節靭帯&仙棘靭帯 仙骨下部の荷重時、後方回旋防止
▼椎間板
  線維輪、髄核、軟骨終板
  脊柱に可動性と弾力性の支持力
  髄核;垂直方向に加わる力→全方向に均等に
     自体内圧を有す
     水分減少、線維化は力学的機能支障
▼神経
  脊髄、馬尾、神経根(後根、前根) 脳脊髄液、 くも膜、硬膜、脂肪組織、血管で保護
  脊髄神経
  脊椎洞神経 交感神経と吻合 → 腰背痛伝導
▼血管
  椎骨
  椎間板 無血管  靭帯から
  脊髄、神経根

【バイオメカニクス】
▼前弯
  脊柱 神経組織の保護
      体幹の支持性と運動性
  前縦靭帯 弾力性があって、圧迫強制に耐える
         → 腰痛をひきおこす原因ともなる
  すべり落ち
▼可動域                         cf。 カップリング
  屈曲 回転だけではなく、前方移動      椎間関節の内側縁に圧力
  伸展 上位椎体が後方回転、後方移動
  側屈 側屈した方向へ棘突起が回転 側屈した方向と逆の方向へ椎体正面が向く
  回旋 回転軸は椎体のやや後方に位置
      関節包が引き伸ばされる 反対側;下関節突起が上関節突起にぶつかる
      椎体は後外側に回転
      3度までは生理的に正常範囲 椎間板の線維輪には微小な損傷
      回転運動;椎間板35%、椎間、棘上、棘間靭帯は制御
▼椎間板
▼椎骨

【腰痛発症メカニズム】
▼刺激部位と疼痛発現部位
  《体性痛》
   椎間関節、傍脊柱靭帯、傍脊柱筋、椎間板および硬膜などに分布する知覚神経終末
  《根性痛》
   神経根になんらかの機械的圧迫、化学的刺激が加わり、神経根が炎症を引き起こされる
   腰椎前縦靭帯直下 ( 腰仙部交感神経幹、脊髄神経交通枝を介し )
               ・・・・関連痛としてより遠位の髄節にも疼痛
 正中;腰部正中両側に深部痛
   前側方;刺激側のみに痛み
 椎間関節包および棘上・棘間靭帯周囲 ( 脊髄神経背側・内側枝を介し )
   椎間関節関節包;同側に こぶし大の、境界不明瞭な非放散性の深部腰痛
   棘上・棘間靭帯;正中に   〃
 腰椎後縦靭帯、後方線維輪  ( 洞脊椎神経を介し )
   正中からやや拡がりをもった境界不明瞭な非放散性の深部腰痛
 神経根
   片側の腰殿部から下肢への電撃様放散痛

▼脊柱機能単位の破たんと腰痛発症
  第1相(初期機能不全期)
    椎間板;反復ストレス→髄核、線維輪のプロテオリカンは減成、
        水分含量減少、線維輪に多数の微細な輪状の断裂
    椎間関節;異常運動、滑膜炎、関節裂隙内に滑膜ひだが形成
    痛みの特徴;深部腰痛と急性腰痛  ← 洞脊椎神経、脊髄神経背側・内側枝への刺激
  第2相(不安定期)
    椎間板;髄核、線維輪の変性進行、水分含量低下、内圧低下
        線維輪全体の放射状断裂・内部崩壊、全周性に膨隆
            → 前・後縦靭帯が弛緩、椎間間隙狭小化
    椎間関節;関節軟骨退行変性、椎間関節包の弛緩、関節の不適合・亜脱臼
    痛みの特徴;両側性の非放散性の深部痛でこわばり感を伴う
          傍脊柱筋、腹筋の弱化
          (脊髄神経背側・内側枝および洞脊椎神経への刺激が慢性化)
          労作時に増悪する深部重圧痛
          (線維輪の断裂拡大 → 知覚神経の自由終末が侵入 
    後方線維輪の膨隆とそれに伴う後縦靭帯の異常緊張
    洞脊椎神経の過緊張、神経幹神経の刺激)
  第3相(再安定期)
    椎間板;椎間板内容物が吸収、線維化  線維輪膨隆は骨棘で阻止
        骨棘は骨性強直になることも
    椎間関節;関節軟骨の完全焼失、骨膜下骨新生による骨棘形成、関節の球状肥大・変形、
         関節周囲の線維化、可動域減少
    痛みの特徴;下肢しびれ、脱力 起立・歩行で増悪
          間歇性跛行  脊柱管狭窄症
          馬尾・神経根の直接絞扼、神経の循環障害






  Relathera®
[PR]

by relathera | 2009-08-15 00:49 | 東京新宿 ワークショップ


<< 夏期特別ワークショップ ( i...      夏期特別ワークショップ ( i... >>