プロフェッショナル・スキルアップ  予防医療・リハビリに携わるプロフェッショナルたちの影の努力の場

relathera.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 28日

基礎医学勉強会 (Tokyo)  役割

ピラティス・インストラクター向けレクチャー

ピラティスをトレンドとして終わらせないために
リハビリテーションとして発展してきたスタイルを日本にも根付かせ、
医療現場でも発展していってほしいと願っております。

現況におけるピラティスは、
ダンサーやスポーツインストラクターなどによってひろめられたと考えられます。
それぞれの分野においてピラティスを体感し、
導入することの必要性を感じ、
ピラティスインストラクターへの道を歩み、
クライアントへと浸透させていく一躍を。



限られた時間において、
奥の深いピラティスメソッドを学ぶことの大変さ、
解剖学・生理学などの基礎知識も。
それゆえ
本来クライアントから要望の多い「傷病・疾病」に対する
臨床現場における医療を学ぶ機会が少なかったことと思われます。

勉強会の発足は
そのフォローが少しでもできたらとの想いからです。

医療知識&情報をほんの少しでも加味することで、
レッスンに大きな幅がでてきます。
「表」には「ウラ」があります。
「柔らかさ」と「硬さ」や
「現代医療」と「代替医療」などのように
偏った知識&情報を提供することなく、
相反することを取り上げることによって厚みがでます。
[PR]

by relathera | 2009-04-28 21:38 | 勉強会の役割


<< 基礎医学勉強会 (Tokyo)...      スタイリッシュ・フィットネス・... >>